Doorkeeper

【参加者募集】BigData & DigitalTranformationシンポジウム(BigDataDX2022) 主催:人工知能学会

2022-12-18(日)14:00 - 2022-12-19(月)18:30 JST

グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51

申し込む
参加費無料
申込締切 12月19日 18:30
あと462人参加できます。

詳細

BigData & DigitalTranformationシンポジウム(BigDataDX2022)

【企画テーマ】BigDataとDXが拓く研究開発とビジネスのフロンティア
【日時・場所】2022年12月18日-19日(2日間) 大阪国際会議場 (イベントホールDE)
【ホームページ】 https://www.ai-gakkai.or.jp/bddx22/
【参加費】 無料 (定員250名)
【主催】人工知能学会
【共催】関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構、島根大学医学部医療情報学講座、産総研人工知能技術コンソーシアム

【趣旨】
  デジタルトランスフォーメーション(DX)は経験と勘で行われていたビジネスや生活行動をデジタル化、データ化し、様々な形で明らかにしてくれます。またDXを構成する新しい計測技術、新たなビッグデータ、新しい機械学習アルゴリズムやAI応用システムによって従来、見えなかったもの、共通には認識できなかったものを私たちは具体的に見て、共通に認識し、新たな行動を起こせるようになります。その時、社会やこれまでのパラダイムが大きく変わります。現在、行政、ビジネスの実務においてビッグデータとDXによる変化が生まれています。そしてDXとビッグデータにより新しい価値が創出され、今後それが爆発的に加速していきます。本シンポジウムでは、ビッグデータとDXによる各分野での事例紹介や研究報告に加え、基調・招待講演とパネル討論により今後、大きな可能性を持つ研究開発とビジネスのフロンティアについての展望を明らかにします。

【プログラム】
1.基調・招待講演
日時:12月18日(日)14:00〜18:00

<趣旨>
 あらゆるイベントがデジタル化されることによって、ビッグデータが新しいサービスの源泉と認識されつつあります。多様な領域でビッグデータがAIと結びつき、新しい価値が生み出されており、そのフロンティアは大きな可能性を秘めます。基調・招待講演セッションでは各分野のトップ研究者を招へいし、それぞれの領域の取り組みを紹介してもらい、今後の方向性を展望していきます。

<パネリスト>
津本周作(島根大学,人工知能学会会長) -医療情報-
オーダーの出し方が見えてくるだけで、診療のプロセスを見通すことができ、個々の医者の診断の内容、癖も露わになる。新しい計測技術の導入が、個人の行動、組織のルーチン、手続き・オペレーションの問題に取り組む重要なきっかけとなることを事例を通して紹介。

和泉 潔(東京大学, 人工知能学会理事) -大規模データ融合による社会経済分析-
今日の新型コロナウィルス感染症の影響により、既存の社会経済指標の作成手法の脆弱性が明らかとなった。そのために、既存手法では用いられていなかった各種データから社会経済状況を推定する技術に高い期待が寄せられている。各種大規模データによる社会経済分析事例と基盤技術を紹介する。

栗原 聡 (慶應義塾大学,人工知能学会副会長) -大規模マルチモーダルAIモデルとビッグデータ生態系の構築-
世界的な注目と混乱を生み出している画像生成AIは大規模言語モデルの登場が‘可能とし,今後はマルチモーダルモデル化が進み,高い汎用性や自律性を持つ次世代AIの実現の可能性が顕著に加速する.しかし,現時点で国内研究・開発者が容易に利用できる国産のモデルが存在しないことは経済安全保障的に重大な問題である.併せて,誰もが多様なビッグデータを容易に利用でき,付加価値の付いたデータを生み出しビッグデータとして投入し,多様な利益を出すビッグデータ生態系を構築することも急務であり,例えばデータのサブスクのようなサービスを立ち上げることなど,これらについての構想を紹介する.

依田佳久 (PSP株式会社) -Personalized Healthcare Records (PHR)の現状-
民間主導のPHRの第1号として、マイナポータルとの連携を実現したPHRシステム。現在の実際の利用状況と、普及における課題を紹介しながら、PHRにより実現される新しい医療提供者と生活者のコミュニケーションが、健康生活のDXにどんな可能性を持つのかを考察する

鷲尾先生(阪大産研,JSTリーダー) -計測科学-
計測技術の進歩はこれまでのブラックボックスであった事象を次々と明らかにしており、新しい研究領域を切り拓いている。最新の計測技術と専門領域の組み合わせが、どんな研究領域を生み出すのか、具体例で紹介する。

矢田勝俊(関西大学)
過去、暗黒大陸とも呼ばれた国内の流通小売業は多くの非効率な業務を抱えていたが、EC、物流などが有機的に統合されることで新しいサービスや価値が創出されるようになってきた。近年では様々なセンサーネットワークデータが生み出すビッグデータとAIが結びつき、多様なサービスを生み出そうとしている。各企業は独自のサイバー・フィジカルシステムを構築することが新しい競争優位を生み出すと考えられ、その可能性について紹介する。

<コーディネーター>
矢田勝俊(関西大学)

2.【AITeCセッション】、3.【Society5.0セッション】
日時:12月19日(月)10:00~12:00(予定)

2.【AITeCセッション】
<パネリスト>
山下和也(産総研人工知能研究センター)
「産総研人工知能技術コンソーシアムにおける共創デジタルトランスフォーメーション〜AIサービスシステムの開発と実証実験〜」

浅田 圭佑(大阪商工会議所)
「産総研人工知能技術コンソーシアムで進める産業応用DX・実証実験」

3.【Society5.0セッション】
西澤 宏篤(総務省統計委員会担当室/統計改革実行推進室)
「ビッグデータの更なる活用の方向性 ~政策の質の向上を目指して~」

総務省では、平成30年(2018年5月23日)より、各府省・地方公共団体・民間企業等でのビッグデータの
 利活用を推進するために、「ビッグデータ等の利活用推進に関する産官学協議のための連携会議」(ビッグデータ連携会議)を開催している。
 「ビッグデータの更なる活用の方向性~政策の質の向上を目指して~」を取りまとめ、これまでの経緯や趣旨等について発表を行う。

本村 陽一(産総研人工知能研究センター, 人工知能技術コンソーシアム会長, 人工知能学会理事)人と協調する次世代人工知能技術による社会変革(DX)〜価値共創とオープンイノベーション〜
NEDOプロジェクトで開発された次世代人工知能技術と社会実装の取り組みを紹介する。

櫻井 瑛一(産総研人工知能研究センター)
生活者デジタルツイン〜産総研次世代ヘルスケアサービス研究ラボにおける取り組み〜**
生活者デジタルツインの作成とその応用について厚労省科学研究プロジェクトやJST COIプロジェクトの研究成果の紹介や現在の取り組みについても紹介を行う。

<コーディネータ>
本村陽一(産総研人工知能研究センター, 人工知能技術コンソーシアム会長, 人工知能学会理事)

4.【データサイエンス人材セッション】、5.【FutureDX(企業DX)セッション】
日時:12月19日(月)13:00~18:30(予定)

【データサイエンス人材セッション】
<趣旨>
様々な社会活動がデジタル化され,あらゆる業種にAIが導入されはじめた.我が国も,デジタル社会の「読み・書き・そろばん」を「数理・AI・データサイエンス」であると定め,高等教育を受ける全ての学生が,文理の区別なく,データサイエンス教育を受けられるようにするための教育機関認定制度が始まり,さらに,大学入試共通テストでも新たに情報Iの導入が予定されている.こうした状況に対応し,社会人から大学,高等学校まで,様々なレベルで新しいデータサイエンス教育が始まっている.本セッションでは,データサイエンスの教育現場を支える方々をお招きし,現場の実情と工夫,これからの展望について意見を交換する.

<講演プログラム案>
様々な人材を対象として教育を行っている,実務担当者を中心に講演頂く予定.
講演者については現在調整中.予定されているトピックは次の通り.
・データサイエンス人材育成の全体的方針について
・社会人向けのデータ活用教育について
・産学連携による大学でのデータサイエンス教育について
・高校,中学におけるデータサイエンスと情報教育について

<コーディネーター>
笹嶋宗彦教授(兵庫県立大)

5.【Future DX:企業によるDXが人々に与える将来価値】
<概要>
「顧客の創造」は、企業にとって重要なミッションの一つです。これを実現するにあたり、企業は、将来の社会を構成する人々を想像し、それぞれの切り口で新たな価値を人々に提供する必要があります。新たな価値により人々のライフスタイルは変化し豊かになっていく、そこでまた次世代の「顧客の創造」が生まれます。本セッションでは、製品・サービス・ビジネスモデルにおけるトランスフォーメーションに着目し、独自の切り口で人々に新たな将来価値を提供することに挑戦している企業の取り組みを紹介します。

<講演1>
佐藤 敏紀(LINE NLP Development Team Engineering Manager)
 『タイトル(TBA)』**
自然言語処理分野における基盤モデルは英語圏を中心に発展していますが、LINE はNAVER と共同で独自の日本語の基盤モデルの開発を進めてきました。本講演ではその基盤モデル搭載した「HyperCLOVA」の現状と応用事例(対話システムと、メールや報告書など頻繁に作成する文書の執筆速度を大幅に向上する文書執筆アシスタントツール)を紹介します。

<講演2>
高原 渉(日立製作所 社会ビジネスユニット 公共システム事業部 デジタルソリューション推進部)
『マテリアルズ・インフォマティクス(MI)を用いたデータ分析・活用に関する取組のご紹介』

日立では、多種多様なお客様とデータ分析・活用に関する取組みを推進している。本講演では、その中でもマテリアルズ・インフォマティクス(MI)と呼ばれる材料開発効率化や新規材料発見を支援することを目的とした領域の取組み事例を紹介する。

<講演3>
高木 拓也(富士通)
『タイトルTBA』

<講演4>
山田 健太郎(本田技術研究所 先進技術研究所, 人工知能学会理事)
『知能化モビリティ“いつでも・どこでも・どこへでも”に向けて』

「自由な移動の喜び」を一人ひとりが実感できる社会の実現に向けて、Hondaは、協調人工知能 Cooperative Intelligence(CI)というコンセプトのもと、モビリティに関する知能化技術を構築しています。本講演では、「人の意図を理解し、高精度地図に頼らず道路環境を把握したうえで、他の交通参加者との譲り合いや交渉を行いながら安全に自在な移動ができるモビリティ」を目指した取り組みの事例を紹介します。

<コーディネーター>
山田健太郎(本田技術研究所 先進技術研究所, 人工知能学会理事)

コミュニティについて

人工知能技術コンソーシアム

人工知能技術コンソーシアム

★目 的 企業・大学・研究機関の技術交流の場を提供することにより、人工知能技術に関連する情報の共通認識形成を図り、人工知能技術全般の一層の技術向上及び普及を促進することを目的に、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターに人工知能技術コンソーシアムを設置。 ★事 業 ①人工知能に関連した技術の情報交換 ②人工知能に関連した技術の情報収集と提供 ③その他本コンソーシア...

メンバーになる